株式会社マクロジ
COLUMN

コラム

2021.07.09

楽天はページ制作の完成度がポイント!売上増大へ抑えておくべき5つのルール

楽天でのお店作り

楽天市場でECサイトを立ち上げるなら、売上は多ければ多いほうが良いですよね。
楽天ページは基本的なフォーマットがあるので、だれでも制作しやすい反面、ほかの店舗と差別化しなければハッキリ言って、勝てません。
ざっくりといえば、ページの完成度が売り上げを左右するといっても過言ではありません。

では楽天ページの完成度を上げ、売上を拡大するにはどうすればよいのでしょうか。
こちらでは楽天ページ制作における「5つのルール」を紹介していきます。ページ制作や改善にぜひ役立ててください。

楽天はページ制作の完成度がポイント!

楽天のページ制作においては、以下の5つのルールを守ってください。そうすれば少なくとも「売れるページ」のフォーマットに近づけることができます。

・ページはなるべく長く
・ECサイトのデザインを踏襲する
・あれもこれもアピールせず、訴求ポイントは3つに絞る
・テキストは図に、図は写真に変えてビジュアルに訴える
・スマホ対応は必ず行う

では以下で詳しく紹介します。

1. ページは短いより長いほうが断然いい!

ページを長くすべき理由は、ユーザーに商品のことだけでなくお店のことをよく知ってもらい、安心感をあたえるためです。
長いページを作っても読んでもらえないのではないか?と考える方も多いようですが、楽天市場では逆に長いほうが店舗としての成功例が多いのです。
これは楽天よりもフォーマットが固定的なAmazonには見られないことですが、楽天でお買い物をするユーザーの多くは、ページをよく見て、商品や店舗の感じをつかみながら、魅力を感じた店舗の商品を購入するという傾向が強くなっています。
これは実店舗さながら、老舗の丁寧な接客が好まれるのと同じです。
ただし、長ければいいとは言っても構成をしっかり考えなければなりません。
ポイントとしては、興味を引くためのキャッチ―な要素をページ序盤に配置し、真ん中でどんな悩みを解決できる商品なのか、どんな効果があるのか、疑問を解決する部分を入れ、最後に購入を後押しする特別なオファーなどを入れます。
上記のようなポイントを押さえ、ページは長めに作りましょう。

2. ECサイトのデザインルールを守る!

ECサイトのデザインは、以下のルールを守って制作しましょう。

・15文字程度を1文として0.5秒程度で読めるテキスト

→一文が長いと読みにくく、内容も入って来ません。そのため一文を15文字以内で構成し、可読性を上げて一気に下まで読んでもらえるようにします。

・カラー3色まで、キーカラーを設定する

→トンマナを意識してページを制作しましょう。
キーとなるカラーを設定し、3色でページを構成します。多色になると画面がちかちかするような気がして、ユーザーは最後まで読んでくれない可能性があります。

・フォントは明朝体やゴシック体でシンプルに

フォントは見慣れた明朝体もしくはゴシック体が好ましいです。そのほうが違和感なくテキストを読むことができるからです。

・商品画像登録ガイドラインに沿ったサムネイル画像を作る

楽天ページの商品画像ガイドラインを参照しつつ、印象に残りやすいサムネイルを作成しましょう。

3. 訴求ポイントは3つまで!

商品の魅力を伝える画像を作成する際は、訴求ポイントを3つに絞って掲載します。それ以上のポイントを書いてしまうと逆にどこが良いのかわからなくなってしまい、ユーザーの印象として商品の魅力が残りにくいからです。
どんな商品で、だれに買ってほしいか、購入することでどんなことが起きるか。この3つのポイントをわすれずに書きましょう。

4. テキストは図に、図は写真に置き換える!

視覚に訴えるほうが印象に残りやすく、ページを読み進めていくために必要になるからです。
長々と説明しているテキストを図に変更して視覚化できれば、ダイレクトに商品の良さを伝えられます。
また写真でも商品だけ写ったものよりも、人物を入れることで使用者のイメージがわきやすく、自分に置き換えたときの想像力が増すからです。その結果、商品購入のハードルも下がります。

5. スマホファーストは必須!

スマートフォンで見たときのページがすっきりして、PCの時と同じように不自由なく買い物ができると理想的です。
実に7割のユーザーがスマホページから買い物をしているというデータもあり、フリック画像がスマホで見やすいデザインになっているか確認する必要があります。

楽天RMSと楽天GOLD

楽天市場が提供する楽天RMSと楽天GOLD、どちらでも楽天ショップの制作を行えますが、RMSの場合、制限が多く自分の思ったようなページを作成できないことも多くなります。ネットショップの基本設定や商品登録、受発注システムなど基本は抑えられていますが、デザイン面で制限がある点はネックかもしれません。
楽天GOLDはレンタルサーバー領域で、サーバーにデータを格納して使います。容量は基本的には無料ですが容量と使用可能なファイルなど制限があります。デザイン面にこだわりたい方はこちらの使用をおすすめします。

まとめ

ここまで楽天はページ制作のポイントについて紹介しました。
楽天ショップのページ制作にかける時間がない、素人っぽい作りで果たして売れるかどうか…など、お悩みを抱えている方も多いと思います。現在では無料で使えるテンプレートや画像加工アプリなどがたくさん公開されています。ページ作成や画像制作などでお困りの方はぜひ利用してみてください。

カテゴリ

ECサイトの運用に関するお悩みは
お気軽にお問い合わせください
092-791-3857受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)
運営のヒントはこちらからお申し込みください!